TOP > 通信 > 無線(多重・衛星) > 無線(多重・衛星)

通信

無線(多重・衛星)

無線(多重・衛星)

多重無線通信回線のコンサルティング

大規模な災害が発生した場合には、通信の途絶や輻輳(ふくそう)等が予想されるため、地方自治体は県・市町村・消防本部・防災関係機関を防災行政無線で結び、情報の迅速・確実な受伝達ができるように、そのネットワークの安全性・効率性を確保するため、通信回線を地上系と衛星系で二重化しています。また、多重無線通信回線は、主に電気通信事業者(公衆通信事業者)や国や自治体、公共機関が運用している特定地点間の無線通信回線です。
防災行政無線等で培ってきた非常通信システムのコンサルティング(基本および詳細設計)は、当社の強みとするところであり、多くの実積を残してまいりました。



【これまでの設計設備実例】
・官公庁の防災無線通信システム
・高速道路のトンネル内通信インフラ(ラジオ再放送設備)
・道路掲示板への通信インフラ
・水門の遠隔制御システム
・マイクロ波多重無線設備
・土石流監視設備
・VSATを用いた衛星通信設備
・気象観測設備  等